HOME テキストの重要性

テキストの重要性

最初にテキストの重要性について書いていきたいと思います。「そんなの当たり前」と聞こえてきそうですが、意外と安易に考える人が多いようなのです。世間知らずの人は、社労士を独学で取りたいという人もいます。言葉が悪くてごめんなさい。でも。独学では受かりませんよ。

市販のテキストと学校のテキストはまったく違います。独学の場合、市販のテキストを使うことになるので、それでは受かるはずがありません。ちょっと斜めからものを見るようですが、聴いてください。資格の学校だって、ビジネスです。本を作って売って、それで誰でも合格できるなら成り立ちません。
一冊1000円程度の本は、それだけの値しかありません。実はわたしも手にしたことがありますが、資格の合格というよりも、一般の人の教養用です。戦略がありません。

でも、学校のテキストは違います。戦略があります。なぜなら、合格者を出すことが資格の学校の使命だからです。よい教材を作るのが目的ではなく、合格が目的です。テキストはあくまでも手段。よい手段を用いている会社は、多くの合格者を輩出することができます。

テキストの重要性の中でも、最もわたしが強く主張したいのは、テキストによって「何を覚えるのか」が違うということです。考えのまとまっていない人ほど話が長いように、よくないテキストは説明がスマートではありません。でも、よいテキストは端的でスマートです。
社労士の試験範囲を覚えるという作業は楽ではないので、よくないものを覚えるのに苦労はしたくありませんよね?ですから、やはり、よいテキストを手に入れることが大切です。最小限の苦労で、最短で合格することができます。

時々聞かれるのは、「どのテキストを使っても同じ」という意見です。これは、中堅の大学を出ている人に多いのだそうです。そこそこ頭がよくて、がんばればある程度できる人。
でも、本当に頭のよい人は、そういう頭の使い方をしていません。また、学力に自信のない人は、よいテキストを手に入れようとしますし、教わることに対して謙虚です。結果、頭のよい人、普通の人、悪い人、どの人が得をするでしょうか?

テキストの選び方