HOME 通信講座のすすめ

通信講座のすすめ

ここからは、テキストの話から離れて、通信講座について考えて行きたいと思います。通常、資格の勉強法としてあげられるのが、通学、通信、独学の3つです。その中で通信のメリットは何でしょう?

まず、通学ですが、受講料が高いです。20万円前後は覚悟です。その上、通学しなければならないので、通学時間がもったいないです。メリットがあるとすれば、先生と直接話すことができる、仲間ができる、強制的に勉強の環境に入ることができる、それくらいでしょうか?通学でしかできないことがあるのは認めますが、通信でも質問は受け付けてくれるところが多いですし、精神的なことについては、講座のカリキュラムによってコントロールできると思います。

次に通信。通信は、受講料が高くても10万円ほどで、通学に比べれば半分です。フォーサイトのようにDVDが付いている講座では、自宅にいながらにして講義を受けることができるので、通学に対して劣っていると感じることはありません。
DVDが付いていない講座で5万円くらいの会社もあるようです。コスト重視で選択するのもよいかもしれません。でも、教材はテキストと問題集だけなので、それなりのリスクはあると思います。理解しにくい部分をどう消化するかが鍵です。でも、いずれにせよ、通信での勉強は時間が自由なので、それだけでも忙しい社会人にはメリットが大きいと思います。

最後は独学です。独学は、理解できる能力があればOKですが、それ以外はおすすめできません。小学生が高校レベルの数学の公式を覚えるようなものです。適切なステップでハイレベルな本試験に対応できるようになるには、プロの手が必要だと思います。きちんとやれば合格までいけるのに、「わたしには無理」とあきらめてしまうことになりかねません。
大学で社会保険の勉強をしていたとか、社会保険関係の実務についているとか、何か特別な事情があれば別です。でも、そうでなければ独学は危険です。目標はお金の節約ではなく、合格のはずです。確実な合格を狙うには、専門家の指導が不可欠なのです。

3タイプの比較になると、どうしても通信に一票入れざるを得ません。費用対効果が高く、メリットが大きいからです。経験者としては、CDやDVDのメディアのついている講座がよいと思います。もっと簡単な試験ならよいのですが、社労士は難しいですからね。

忙しくて学習時間が確保できない人